違和感解明する性病検査キットを活用|きっと発見の一歩

亡国病の蔓延を防げるか

教育現場での取り組み

医者

性行為感染症は、亡国病とも呼ばれています。若者が性に対してオープンになっている現在、感染の広がりを最小限に留めることも検討されています。その糸口として、青少年の性教育の在り方と病気に対する正しい知識を伝授することも問われています。教育という面では、これまで、あまり実用的なことは教育内容に盛り込まれませんでしたが、最近はそれでは時代遅れで、性行為感染症の広がりを食い止められないという議論になりました。そこで、まだ少数の高校、大学に留まりますが、性病検査キットの存在を学生に周知する学校が現れました。性病を心配するより検査を、罹患した場合には早急な治療をと、学生に実践的な知識を伝授しています。性行為感染症に罹患しないために、自身を律することと同時に、この知識も広めていく姿勢を強めています。

検査の後の治療方法も

性行為感染症の広まる背景として、性の乱れと同時に、感染者が医療機関に出向かない実情が指摘されています。性行為感染症を広げない施策として、性病検査キットはその効力を発揮しています。ただ、年齢の若い青少年に対しては、性病検査キットの存在を知らしめるだけでなく、万が一罹患していた際の治療やフォローについても伝授しています。性病検査キットによる検査で黒判定が出ても、数回の薬の服用で比較的簡単に治療できる実例もあり、検査を受けることは自身のためということを強調しています。性病検査キットの存在は、性行為感染症は怖いけれど医者には行きたくないという若者心理を突いて、その売り上げ数を伸ばしていると言われています。